2018 / 06
≪ 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まことクラヴの江戸川卍丸 ダイワハウスのダイワマンシリーズ

では常連さんだったようだ。

とは言え、本人から聞くまでは全くわからなかったのだけれど


お尋ね者の写真が脳裏に焼き付いているのに、本人が目の前にい

てもわからない時にはわからないのは記憶に新しいところ。

CMなんてそりゃ、主要人物以外は一瞬でしょ。

それに、それなりに扮装しているしね。(言い訳たらたら)


彼は首巻タオルとキャップで助監督役らしい。

たぶん、このダイワマンヴァージョンがわかりやすいかな。

これにはかなりのカット数出ている。

そのうち、セリフ入りのやつを頼むよ。



スポンサーサイト

【】
首巻タオル!ピッ!(画面を止めて凝視)・・・う~ん、暗くて分からん・・・

古民家であっても、さすが主役さんは光が当たっていますが、
助監さんは、暗くて分かりません。

そうですね。今度はセリフがある役で!
【】
ト音記号さま

結構出ているんですけどね。

監督「そこで私はダイワマンをリフォームしてみたん    だ」とか
役所 3回目の「黒木メイサとか」
黒木「こんな感じでどうでしょう。監督!」

の場面ではバッチリです。

【こんにちは。】
最近のCMはドラマ仕立てが多くなりましたね。
CMといえば、和を重んずる日の本では、まだまだ比較広告が少ないです。欧米はストレートにA社の商品は、ここに欠陥あり!なんてやりますからね。

このダイワハウス・・・
ダイワハウチュ、が良かったのに^^。
【】
NANTEIさま
CMは受け取り側の心持ちや状況によっては「邪魔」「不愉快」と感じたり、逆にホッとしたりもしますね。
ロシアで見た長~いCMには「なんだこれは?!」と驚かされました。文化の違いをまざまざと知らされました。
この記事へコメントする















ジャッキー

Author:ジャッキー
★マルチでありたいミュージシャン

フラメンコギターでの舞踊伴奏をするうちに、何の因果か各種パーカッション(ただしラテンはやりません)にもてあそばれる。

あがた森魚のサポート多数。
コンテンポラリーダンスグループ《まことクラヴ》では音楽・演奏担当。
FM局の音楽番組サウンド・オブ・ラテンアメリカのフラメンコの回《ムシカ・デル・ス-ル》では番組消滅までパーソナリティーを務めていた。
スペイン人ミュージシャン達にジャッキー・○ェンに似ている(?)と言われ、以来「ジャッキー」の名で音楽活動を続けている。
バレエ、演劇、語りの音楽なども。
いやはや。

でも、本業はピアノ調律師。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。