FC2ブログ
2018 / 08
≪ 2018 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2018 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっと、前回のジャッキーの名付け親は誰なのか?であった。


もったいぶらずに言うと、ギタリストのチクエロだったのだ。


もちろん、初対面のときには名乗ったはずなんだけれど、彼に

とっては、とても発音しにくい名前だったようで、ジャッキー・

チェンに似てるからジャッキーでええやんという単純ないきさつ

だったのだ。


1993年から毎年、フラメンコの踊り手の小島章司氏の舞台の音

楽監督・ギタリストとして年に一回ないし二回、数人のミュージシ

ャンや歌い手と共に来日している。


公演のための稽古に、いつも3週間ほどの長期滞在になるので、

今までの総滞在日数はどれくらいになるのかな?


もう、何ヶ月ではなくて、何年と言った方がいいかも。


小島先生の不肖弟子(ギタリストとしての)として、スペイン人

たちが来日している際に、数日間西麻布の先生のスタジオにお邪

魔して、稽古を見学させていただいていたのだ。


夜遅くまでの稽古から開放されて、スペイン人たちは

「チカレタ~」とか言いながらも滞在先のホテルに戻れば

戻ったで、母国に電話をかけたりロビーで夜中までだべっている

のである。

僕も同じホテルをとって彼らに付き合うのだけれど、最後までは

こちらがもたない


スペイン語は全然堪能ではないのだけれど、彼らとの楽しい交流

エピソードは山とあるので、その内おいおいと。





スポンサーサイト

この記事へコメントする















ジャッキー

Author:ジャッキー
★マルチでありたいミュージシャン

フラメンコギターでの舞踊伴奏をするうちに、何の因果か各種パーカッション(ただしラテンはやりません)にもてあそばれる。

あがた森魚のサポート多数。
コンテンポラリーダンスグループ《まことクラヴ》では音楽・演奏担当。
FM局の音楽番組サウンド・オブ・ラテンアメリカのフラメンコの回《ムシカ・デル・ス-ル》では番組消滅までパーソナリティーを務めていた。
スペイン人ミュージシャン達にジャッキー・○ェンに似ている(?)と言われ、以来「ジャッキー」の名で音楽活動を続けている。
バレエ、演劇、語りの音楽なども。
いやはや。

でも、本業はピアノ調律師。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。