FC2ブログ
2018 / 10
≪ 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK朝の連ドラ『てっぱん』のオープニングの振り付けで注目の

近藤良平さんが、自著『近藤良平という生き方』(発売:角川グル

ープパブリッシング)を出版。


おめでとうございます!


『コンドルズ』の主宰、NHK『サラリーマンneo』のサラリーマン

体操、『からだであそぼ』等々でご活躍だが、件の『てっぱん』の

振り付けで、今や大注目のコンテンポラリーダンサー。


実は何を隠そう、妻とは良平さんのダンスワークッショップを通

じて知り合ったのだった。


ご本人はたぶん、自分たちが結婚したことを知らないと思うのだ

けど、披露宴をしていたとしたら、きっかけを作ってくれた人と

して是非呼びたい人かも。


独特のクネクネダンスは、見ていると数秒ごとに「あれ!?」

という感覚に囚われる。

生で見ていないとしたら、まるで、映像処理をしたんじゃないか

と疑うほどの不思議な動き。


どういうことかと言うと、手足を大きく動かして止まった瞬間に

まったくぶれないのだ。


かと言って、決してカキンコキンの堅い動きではないからこその

「今のはなんだ!?」感があるのだ。

柳の枝がしなっているのに、ある瞬間ピタッと静止したかと思う

と次の瞬間別の方向に・・・。こちらの予測を裏切る動き。


重力も慣性の法則も2分の1になってしまったかのような

気持ち悪さ(笑)を味わいたい方は、You tubeで、

近藤良平「倉敷で踊る」ということ。で検索するとメイキング

映像まで見られるので、是非。(そのほかも、おびただしい数が

アップされている。)




スポンサーサイト

この記事へコメントする















ジャッキー

Author:ジャッキー
★マルチでありたいミュージシャン

フラメンコギターでの舞踊伴奏をするうちに、何の因果か各種パーカッション(ただしラテンはやりません)にもてあそばれる。

あがた森魚のサポート多数。
コンテンポラリーダンスグループ《まことクラヴ》では音楽・演奏担当。
FM局の音楽番組サウンド・オブ・ラテンアメリカのフラメンコの回《ムシカ・デル・ス-ル》では番組消滅までパーソナリティーを務めていた。
スペイン人ミュージシャン達にジャッキー・○ェンに似ている(?)と言われ、以来「ジャッキー」の名で音楽活動を続けている。
バレエ、演劇、語りの音楽なども。
いやはや。

でも、本業はピアノ調律師。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。