2010 / 07
≪ 2010 / 06 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2010 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのうはルネスホールで、例の『カヤ文明』


会場入りすると、前半の『昆虫』がたけなわで、こどもたちが

発泡スチロールや家庭の不用品で巨大な虫を製作中。

夏休みの雰囲気が充満していた。


終わる頃を見計らって、楽器やら音具(絵具に倣って)を運び込

むだけで一仕事だなぁ。


なるべく身軽にしたいと思う反面、あれがあったらよかったと、

後悔したくなくて、ついつい引越しみたいな量に。

100730_1251~03

いい大人たちがこんなイタズラを

リアルなヘラクレス

100730_1618~01

会場内の巨大な蜘蛛の巣

100730_1706~02

語り部の立石憲利さん

巨大な蚊帳の中の布団に包まって、ちょっとこわい民話を聞く。

「ぜーんぜんこわくなかった」と強がって帰っていく子ほど

ホントはこわいのかも。

100730_1813~02

外はこんな感じ

100730_1814~01

こんなのも!

こどもと大人たちの夏休み







スポンサーサイト

ジャッキー

Author:ジャッキー
★マルチでありたいミュージシャン

フラメンコギターでの舞踊伴奏をするうちに、何の因果か各種パーカッション(ただしラテンはやりません)にもてあそばれる。

あがた森魚のサポート多数。
コンテンポラリーダンスグループ《まことクラヴ》では音楽・演奏担当。
FM局の音楽番組サウンド・オブ・ラテンアメリカのフラメンコの回《ムシカ・デル・ス-ル》では番組消滅までパーソナリティーを務めていた。
スペイン人ミュージシャン達にジャッキー・○ェンに似ている(?)と言われ、以来「ジャッキー」の名で音楽活動を続けている。
バレエ、演劇、語りの音楽なども。
いやはや。

でも、本業はピアノ調律師。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。