2017 / 03
≪ 2010 / 04 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2010 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まことクラヴの江戸川卍丸 ダイワハウスのダイワマンシリーズ

では常連さんだったようだ。

とは言え、本人から聞くまでは全くわからなかったのだけれど


お尋ね者の写真が脳裏に焼き付いているのに、本人が目の前にい

てもわからない時にはわからないのは記憶に新しいところ。

CMなんてそりゃ、主要人物以外は一瞬でしょ。

それに、それなりに扮装しているしね。(言い訳たらたら)


彼は首巻タオルとキャップで助監督役らしい。

たぶん、このダイワマンヴァージョンがわかりやすいかな。

これにはかなりのカット数出ている。

そのうち、セリフ入りのやつを頼むよ。




スポンサーサイト

これは広告ではありません。



このCMはこちら岡山ではまだやっていないのか(それとも僕が知

らないだけ?)初めて見る。

振り付けはまことクラヴの自称エース江戸川卍丸による

ものだそうだ。

今日知った。


まことクラヴというのはコンテンポラリーダンスの一団で、僕は

ときどき音楽と演奏担当ということで参加させてもらっている。

直近は2010年10月(おや、ずいぶん昔やね)

『事情地域ヨコハマ』横浜・象の鼻テラス


卍丸君はこのところ振り付け家としても大活躍だ。

彼は自らの劇団を立ち上げて個性派俳優として頑張っている。

声優としては信じられないくらいの二枚目の声色(こわいろ)で

やっているのを聴いたときには、ややや!と思ったものだった。

持ち前の身体のキレを買われてダンサーとしても活躍中だ。

もっともっと世に出て来ていい人材なんだけれどなぁ。


それでも、あのダイワマンでは助監督役としてほとんどのシリ

ーズに出演していたのだ。

ちゅうことは、役所広司や黒木メイサと共演?!

しかし、わからないもんだ。あのCMは結構見ているはずなのに、

聞くまでは卍丸君だとは気づかなかった。

玄関で靴を揃えたり、ほとんどセンターにいながらも、「あれっ、

もしかして?」とも思わなかったのだ。

言われてビックリではないか!

ダイワハウスのHPでは彼の雄姿を見られるのだが、こちらにアッ

プする術(すべ)を知らないのが残念!

m.jpg

この写真は2005年の秋、東京コンペ#2(於:丸ビルホール)の

ダンスバザール大賞の受賞を喜ぶ『まことクラヴ』の面々。


この日はコンペが済んで間もなく『Yシネマ綺譚』公演のために

広島の横川シネマ入りした日。


手には近藤良平さんから贈られた祝い酒。


この公演は僕にとって、特に印象深い作品だった。


現地で寝泊りしながら創り上げていく、いわゆるレジデンス公演

だったのだが、スタッフと共に夜中まで奮闘したのは、本当にエ

キサイティングだった。


以来、彼らとの永い旅が始まるのである。


おや!?中森下真樹菜(ソロ活のときは森下真樹)さんとおおち

ゃんの顔が見えないね。 

‘巻き’さんはまだ合流していなかったのかも。

おおちゃんははとちゃんと別室でTシャツ作り?






昨年の9月に『まことクラヴ』で参加させて頂いた、

あいちトリエンナーレの公演レビューがチャコットHPにアップさ

れています。下記のリンクより是非、ご一読ください。

トリエンナーレ全体レビュー

まことクラヴ個別レビュー






更新が遅くなりましたが、おかげさまで、まことクラヴ本公演

『事情地域ヨコハマ』全日程無事に終了しました。

スタッフをはじめ、応援してくださった皆様ありがとうござい

ました。

東京は三代に渡って住まないと江戸っ子と言わないそうですが

横浜は三日住めばハマっ子。とは誰かのセリフでしたが、その

伝でいけば、9泊10日滞在した僕は、れっきとしたハマっ子どこ

ろか、市民税を払わなければいけないのかも?

(実際に、社会人になりたての頃は神奈川県民だったんですが)


毎度のことながら、まことクラヴには時間との攻防が必ずついて

回る。

特にこの事情地域シリーズには、ご当地映像というのが作品に組

み込まれていて、そのために部員たちは事前に山口だったり金沢

にお邪魔してビデオ撮影して来るのだ。


ロケーションは単に観光地化された有名どころばかりではなくて

地元の人のみぞ知るスポットを上手く見つけてくるのだ。

そのためにはまず当部長が早めに下見に出向いて地元の制作の

方と仲良くなっておく、というのは外せない。


1時間かそこらの舞台のために、やることは山とある。


映像の編集担当の7番えりなさんは、自分がダンサーでありなが

ら、夜なべで本番前日まで手直しが入ることはザラ。

部長の遠田さんも、稽古後のビデオチェックを睡魔との戦いの

なかでこなし、まるで、ぎりぎりの綱渡り状態。


CMの巨匠、川崎徹さんが、最近は新聞でコンテンポラリーダン

スについて語っていらっしゃるが、かつて「自分はダンスの上手

下手はよくわからないが、作品にどれだけ心血を注いでいるかは

100パーセント見抜くことは出来る。

うわべだけの浮ついたものでない一級品の『かっこよさ』があ

る。」と評していただいたという。


15秒の世界で戦っていらっしゃる方だけに、説得力あるお言葉

だ。


主宰の遠田誠氏は今もその姿勢は変わらないどころか、とにか

くぎりぎりまで粘るその図太さはより強力になってきていると

確信した。



遠田氏に告ぐ。

「もう着いて来ないでくれ!」と言われても「たまたま向かう

方向が同じなんだからしょうがないだろう」と言うつもりなの

で覚悟のほどを。

(かっこよすぎたか?)

101016_1511~01

11番 江戸川卍丸書家による。








ジャッキー

Author:ジャッキー
★マルチでありたいミュージシャン

フラメンコギターでの舞踊伴奏をするうちに、何の因果か各種パーカッション(ただしラテンはやりません)にもてあそばれる。

あがた森魚のサポート多数。
コンテンポラリーダンスグループ《まことクラヴ》では音楽・演奏担当。
FM局の音楽番組サウンド・オブ・ラテンアメリカのフラメンコの回《ムシカ・デル・ス-ル》では番組消滅までパーソナリティーを務めていた。
スペイン人ミュージシャン達にジャッキー・○ェンに似ている(?)と言われ、以来「ジャッキー」の名で音楽活動を続けている。
バレエ、演劇、語りの音楽なども。
いやはや。

でも、本業はピアノ調律師。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。